デトックス的 ビタミンC

ビタミンCは水溶性で、抗酸化物質の中の抗酸化物質と言われるくらい強力で、自分が抗酸化物質として働くだけでなく、体の中の他の抗酸化物質の働きを助ける驚異的なパワーを持っています。

ビタミンCは、皮膚や歯ぐき、血管、骨などを構成するコラーゲンと言うタンパク質の合成に不可欠で、成長や健康維持、傷の修復に不可欠です。

体内での多くの化学反応に関わり、抗ストレス作用を持つ副腎皮質ホルモンの合成を促進したり鉄の吸収を助けたりします。

多くのタイプの癌のリスクを下げ、免疫細胞の活性を強め、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が酸化する(過酸化脂質)ことを防ぎます。
これは、以下の図式を防ぐことになります。

体内で活性酸素が発生

LDLコレステロールを過酸化脂質に変えてしまう

過酸化脂質が血管にたまる(動脈硬化)

心臓に栄養や酸素を運ぶ血管が切れる(心筋梗塞など)

また、脳内の血管が切れると(脳梗塞など)

そんなパワフルなビタミンCですが、2〜3時間で体外に排出され、ストレス下では早く消費され、一本の喫煙で50mg前後が破壊されてしまいます。

上手なとり方は、ビタミンCは水に溶けやすく、熱に弱いために3分以上茹でると量は半減してしまいます。不安定で調理損失が多い為、迅速な消費と調理が必要です。

喫煙者、中高年の方、外食の多い方は、良質なサプリメントでの追加が望ましいかもしれません。

トップページへ