デトックス的 ビタミンA

ビタミンAは脂溶性であり、体内ためておくことが出来ます。
さらに二つの種類があり、すでにビタミンAの形になっているレチノール、体内で必要に応じてビタミンAに変わるプロビタミンA(前駆体)です。
後者にはアルファ・カロチンやベータ・カロチンなどがあります。

特にアルファ・カロチンやベータ・カロチンは強力な抗酸化物質で、発癌物質を破壊して多種類の癌を予防することが明らかになっています。

ビタミンAは目が光を感じるのに必要な網膜の色素ロドプシンの主成分で、視力低下、夜盲症などさまざまな目の障害の治療を助けます。
また、皮膚や呼吸器の粘膜を強くし、感染と闘うT細胞の数を増やし免疫力を高めます。

上手なとり方は、動物性食品に含まれるビタミンAは良く吸収されますが、先にも書いたように脂溶性で体に蓄積されますので採りすぎた場合に毒性を持つことがあります。
緑黄色野菜などに多いベータ・カロチンはそのような毒性は有りませんが、油脂と調理したほうが吸収率が上がります。

トップページへ