デトックス的 皮膚から入る?

洗剤やボディーソープ、シャンプーなど毎日使うものは皆さん、特に女性は気を使いこだわりをもっておられるでしょう。毎日使うものだけに、においや泡立ち、使用感に優れたものが良いですよね?
でも落とし穴だらけです。

皮膚から吸収されるって簡単には想像つきませんよね?
虫刺されの塗り薬やシップを想像してみてください。成分が皮膚に吸収され、体の中に浸透して効き目がある訳ですから、実は簡単に皮膚からでも体内に入り込むのです。
特に、皮膚の中でも薄い部分や粘膜である目の周り、くちびる、性器が最も吸収されやすく、さらに体が温まる入浴時が一番皮膚、粘膜からの化学物質吸収率が高まります。
そして、皮膚から吸収された化学物質は、皮下組織に長くとどまり、体外に排出されにくい事がわかっています。

簡単に皮膚のバリア機能を見てみましょう。
皮膚は、外から順に表皮→真皮→皮下組織で構成されています。
表皮の一番外側には角質層があり、これが、私たちのバリアです。
真皮はコラーゲン、皮下組織は脂肪組織からなり、油分となじみやすい性質です。

バリアがあるのに皮膚に塗ったり、張ったりする薬などはなぜ吸収されるのでしょう?
実は、分子が小さい・脂溶性(脂に溶けやすい)などの一定の条件がそろうとバリアを通りぬける事が出来るのです。
化粧品、合成洗剤などに含まれる界面活性剤は一定の条件とは関係なく、バリアを一時的に破壊する力を持っています。
コスメティック業界では、この界面活性剤に対する考え方が真っ二つに分かれています。

一方は、界面活性剤で一時的にバリアを壊し、有効成分や本来では肌になじまない成分を浸透させると言う考え方。
もう一方は、石油由来成分である界面活性剤を皮膚に塗ることは、危険であると言う考え方。
答えは、なんともわかりませんが・・・

シャンプー・リンスには発ガン性や過敏症の危険性だけではなく、女性の場合は子宮に蓄積されるとききました。分娩の際に羊水のにおいで使っているシャンプーがわかると・・・

昔、夏に海に行ったときに海の家などのシャワーにシャンプーなどは使わないでと書いてあったのを思い出しました。今はどうかわかりませんが、家にあるシャンプーやハンドソープなどで驚きの実験が出来ました。
何か小さい容器にハンドソープなどを入れ、食卓塩などの塩を入れてみてください、かき混ぜてしばらく置いておきましょう。するとあら不思議!海の家の張り紙の意味がわかりました!だってプラスチックの赤ちゃんが出来ているんですもの。この小さな容器の中で起きたことを、海の家の下水管に置き換えると、海水の塩分や人の汗とシャンプー等が反応してすぐに下水が詰まってしまうのです。

でも、よく考えてください。人の汗も塩分ですよね?この下水管で起きたことがあなたの毛穴でも起きていると思えませんか?

このように、皮膚からの吸収は排出されにくく、さらに毛穴をふさいでしまうと言う悪循環をもたらしてしまう可能性があります。

トップページへ