デトックス的 調理で栄養が失われる?

人間は困った生き物です。
動物たちは海、山の恵みをそのままもぐもぐ食べています。
人間はどうでしょう?煮たり焼いたり、さらに味付けとかしちゃいます。

でもそれが「食べる」と言う、人間の生理的な欲求に対する付加価値であり、生きて行く上での最大の楽しみの一つなんですよね!

しかし、そこに落とし穴がひそんでいます。
ビタミン・ミネラルと言った微量栄養素は、熱に不安定なものや水に流れ出てしまうものなどがあります。
例を挙げてみますと、ホウレン草を3分茹でるとビタミンCは約半分しか残りません。

さらに、私もこれを知ったときには驚きましたが光に弱い栄養素も有るそうで、
ビタミンA・B2・Dなどが有ります。
今日から、牛乳はグラスで飲むのはやめましょう(爆)

少しでも栄養素の損失を食い止めるには
・野菜は洗ったらしっかり水を切る。
・サラダは切れる包丁で、食べる直前に作る。
・冷蔵庫で3日以上保存された生野菜よりも、冷凍野菜のほうが栄養価は高い。
・加熱時間は短くする。

きっと、味もよくなるはず!?

トップページへ